ベルギーの小さなおみせ PERIPICCOLI

piccoli.exblog.jp
ブログトップ

タミール新年会にお邪魔しました。

タミール人の方たちが集まってお正月を祝う会にご招待いただきました。

南インドのタミールナドゥー州のタミル人は4月14日前後にお正月を祝うそうです。
タミル暦は太陽暦で、1年は12ヶ月、4月から新年が始まります。
今年は4月14日。

在白タミール人の方たちがお正月をお祝いするため、土曜日の夜に集まりました。
私たちはタミールナドゥー州にあるシルマラー学校を支援しているため、今回のお祝いにはOUR NEW CHAPTERのメンバーもご招待いただきました。

当日午後になって、「お寿司を持ってきてくれると嬉しいなー」という声があり、、、

そんな予定をしていなかった私は、急いで買い物にでかけ。たぶん握りか巻き寿司を期待されているだろうけど、すし飯作ってから巻いてたら時間がない!
あー、どうしよう。ご飯炊いている間に具を用意して、すし飯冷まして、あとは混ぜるだけのちらし寿司ならできそうか!ということで、急いでちらし寿司を用意して、出かける10分前に完成(汗)
今回ばかりは、すし太郎のお世話になりたかった(笑)

インドタイムを考慮して少し遅めに到着予定だったのが、なんと駐車スペースが見つからず大幅に遅刻。。。
やっと見つかったところに路上駐車をしてみたら、地元の人に「ここは駐車禁止だよ!」と教えてもらい、泣く泣く諦め、また移動。
最後にはセンターの地下駐車場に車を置いて、歩いて会場まで行きました。
ルーベンは路上駐車の選択肢はほぼ不可能ということを今回学びました(苦笑)

大幅に遅刻したにも関わらず、大歓迎を受け。
まずは私たちのプロジェクトをアルゼンチン人のマベルさんが発表。(ここは疲れと緊張のあまり、写真をとるのを忘れました)

頷いて熱心に聞いてくれる方、寄付されたスポーツ着を届けるのを手伝うよとの申し出があったり、とても反応がよく、少々時間オーバーしてしまいました。

発表の後はお待ちかねディナータイム。
この日はドイツから駆けつけた方たちもいて、子どもも合わせ、総勢60人程度。
d0217479_21142050.jpg
ブリュセルのインド料理が物足りないイギリス人の夫は「今日はインド家庭料理が楽しめるー!」と嬉しそう。
むすめは辛いものは苦手、そして好き嫌い多い。さて、大丈夫かと心配していましたが、
発表中に皆さんからの積極的な反応をみて、
「みんな、私たちを手伝いたいって言ってくれるのすごいね」
「こんなにたくさんのインド人の人を見たのは初めて!」
食事中も
「すごい!みんな手で上手に食べるのね!」
と彼女なりの観察で楽しんでいた様子(笑)

私もすごく基本的なコメントとは知りつつ「手で上手に召し上がりますね」というと「日本人は本当に器用にお箸で食べるよね。手の方が簡単だよ」というお返事。

お料理は持ち寄りだったので、こんな感じ。ご飯ものがお多かったのは嬉しかった(笑)
d0217479_21155881.jpg
d0217479_21162709.jpg
d0217479_21151714.jpg
↑途中で写真をとったため、ほぼ売り切れのお料理も(笑)
d0217479_21165541.jpg
↑左側のお料理、美味しかったですが、とても辛かったです。
右側は私のちらし寿司ですが、
スパイスの効いたお料理が出るときは合わないなと反省(苦笑)
デザートの写真を撮るのを忘れましたが、全部美味しかったです。

食事をしながら、私たちのプロジェクトに興味を持ってくださった方たちといろんなお話ができました。

最後には集合記念撮影(私は写真を撮る役でなかったので、写真はありません。。)
声をかけても、なかなかみんなおしゃべり止まらず、集まらず(笑)まとまらない。。。

撮るのにかなり時間がかかったのに、撮り終えたのに数分後に

やっぱりうまく撮れていなかった!ともう一回撮りまーす。となんだかものすごく時間がかかってました(笑)

これでお開きかと思ったら、最後にダンスが始まり、男性陣が踊る踊る。ここも距離が近すぎて
うまく写真撮れず(苦笑)

10時ごろお開きになりました。久々に異文化体験した気分でした。

5月5日(土)のチャリティーコンサートではこのコミュニティーの方達がフィンガーフードを準備してくださることになっています。日本人の音楽家の方たちのジブリソングメドレーもあります!

チケットをまだご購入でない方、オンラインサイトでご購入ください。準備のため、人数がわかると大変ありがたいので、5日は行ける!と言う方は早めにご購入いただけますと大変助かります。

貧困層の子どもたちと言うけれど、きちんとした制服をみんな着ていますね。というコメントをいただきました。
制服は学校から生地が支給され、親または縫い物ができる大人による手作りということです。給食も1日1回はすべての子どもたちがお腹いっぱい食べれるように開始されました。
d0217479_20075160.jpg
オンライン購入サイト
コンサートページ
FBイベントページ

みなさまのお越しお待ちしています!!



ペリピッコリは女性と子どもたちを応援します♡
月に2回ストッケルにて子育て広場たんぽぽの活動場所を提供しております。

↓↓応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村
d0217479_17193271.jpg

ペリピッコリフェイスブックページ

Add friendLINE始めました。
[PR]
by PERIPICCOLI | 2018-04-16 18:00 | お知らせ